にゃんとにゃくkitchen♫

Handmade+Soap&flowermake

りょう  

去年の夏頃から闘病生活をしていた
飼い猫のりょうが永眠して今日で49日。



彼は、私の実家で生まれてから
ほぼ今まで、ずっと私と共に生活をしてきました。

s_P1230160.jpg

元気な時には、存在が当たり前のように過ごし、
病院通いになるまでは、
彼が不在になってしまう事が、
まだまだ、先の出来事だと思ってました。

s_P9140006.jpg

闘病途中、奇跡の回復も見せたので
もしかして後、5年はイケるかな・・・
なーんて過度な期待をしてみたり(りょう、当時16歳と10ヶ月)

入院中は看護婦さんにちやほやして貰えたらしく
リラックスして過ごし、食事もおいしく食べていた様子。

治療中は、先生に文句は言うものの、
態度は協力的だったそう。

s_P1290016.jpg

でも、お別れは必ず来てしまうものなのね。

病院の先生も最後、
「つよくてやさしいねこちゃんだった。」
と、涙ぐみながら治療中の彼の様子を語ってくれました。

3ヶ月間、入退院、通院をくり返し
いつも親身になって診てくれていた先生達。

感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にお世話になりました。

s_RIMG0035.jpg

今日で、49日経ちますが、
彼は、いつも過ごしていたお気に入りの場所にいます。

s_RIMG0007.jpg

生前、気配を消して過ごしている事が多いねこだったので
不在の今でも油断して生活していると
ついつい、心の中はこんな状況・・・

s_P1290005.jpg

ふっと、そーいえば・・と彼の存在を確認する為、
ソファーに目をやる行為は日常でした。
今もそのクセは続き、視界に入る今の彼の姿を見て
現実に戻されてしまう。そして、そのくり返し。

s_P1290006.jpg

その時、悲しさがこみ上げてきそうになったら
猫好きの相方からプレゼントしてもらった
りょうの写真集をめくります!

s_P1290011.jpg

じんわりこみ上げて来る寂しさは後に引いてしまうので、
この写真集を見て、気が済むまで号泣。

以前は、寂しさや悲しさに怯えていた私ですが、
それに向き合う勇気を猫好きの相方がくれたので大丈夫!

時間と共に少しずつ心が落ち着いていく中、
悲しい感情と向きってみると、彼が存在していた事を
強く感じる事が出来るので、それはそれで
怖がる感情では無いんだと知る事が出来ました。


あまり手のかかるコでは無かったので、
大幅に生活が変わらなかった、という事実に
本当に聞き分けが良く話のわかる猫だったと実感してます。

16年以上、猫と過ごした私に
「あなたは猫は飼えない」と言い切る猫好きの相方。

そーかもしれない。

17年近く、猫という自由な生き物なのに
私に合わせて、生きてくれたりょう。
共に過ごせて幸せでした。ありがとう。


きっと、また縁があるならば、
私に合わせられるコが、
私を訪れてくれるかもしれない。

いや、もしかしたら
猫好きの相方が、それを許してくれないかも・・

でも、待ってるね♫


最後に、
彼の旅立ちに、可愛いお花を添えてくれた
月下陶房あやさんに厚く御礼申し上げます。

何度も何度も救われる思い。
りょうを慕って、語ってくれてありがとう。


ネココイ りょうくんの場合
りょうくんの飲み方







スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
プロフィール

みゆ

Author:みゆ

カテゴリ
全記事表示リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
「にゃんこ先生」とは♫
にゃんこのお友達が作ってくれた "あみねこ"の総称。"あみねこ"は、ねこやまさんが考えたあみぐるみです♫